レッスン

小学生保護者必見!速く走れるようになりたければ、ここを走れ!お勧めのトレーニング場所4選

こんにちは!トータルスポーツの深沢です!

近日は暖かくなり、かけっこ教室に来ていただくお子様が多いように感じます。

今月は走り方教室、かけっこ教室意外にも、新しく月額のサブスクールが開催されました。

場所は、東京都世田谷区にあります大蔵公園(砧公園)内で行われており、一般開放がされている時は、場内にある世田谷陸上競技場でも活動を行っています。

初めてのお客様は、初めに体験して頂き雰囲気を感じて頂きます。

体験が終わりましたら、入会させる方はメールにてお申し込み頂き完了となります。

 

さて今回は、「速く走れるようになるために練習場所」に着目してお話ししていきたいと思います。

やっぱり陸上競技場でたくさん走った方が良いの!?

結論からお伝えしますと、小中学生時代は、陸上競技場以外の多様な環境で、いろんな動きを経験した方が良いと考えます。

陸上競技場(タータントラック)は記録を出すために最適の場所です。当然ですが、土の地面よりも、ゴムでできた反発の強い地面を走った方が記録は出ます。そのため、小学校時代から陸上競技場で練習を重ね、熱心にタイム計測を行ったり、何本もインターバルトレーニングをしたりという選手もいます。

確かに、スピードが出るため、質の高い練習ができます。しかし、それが身体にとって最適なトレーニング方法かどうかということは発達段階によって変わってきます。小中学生にとってはタータントラックで練習を重ねるのは非常に負担が大きく、まだ出来上がっていない身体に対して怪我のリスクを負わせることになります。そして、それだけでなく長い目で見れば、タータントラックを走り続けることは、神経系や精神面においてもデメリットは少なくありません。

 

小学生はいろんな環境で多様な動きを身につけよう

 

小学校時代、すなわち6〜12歳はスポーツに関して言えば神経系が最も発達するゴールデン・エイジと呼ばれる期間です。この期間は、いろんな動きに対して神経系が適応しやすく、新しい動作を覚えるには最適なのです。

そのため、陸上競技場をたくさん走るということは、怪我のリスクが生じるのと同時に、神経系に対しても多様性を獲得する場を失ってしまうことにも繋がりかねません。

お勧めしたいのは、土のトラック以外にも、芝生や砂浜、山などです。特に砂浜や山は地面の状況が常に変わるため、様々な刺激を神経系に与えることができます。それによって、様々な動きに対応できる運動神経の下地を作ることができます。この下地作りこそ、小学生時代にやっておくべきことなのです。

 

それぞれの練習場所の良さを理解して練習しよう

練習場所によってそれぞれ特徴があります。それを理解した上で練習していくと、さらに練習効果は高まります。以下、その辺りについて説明します。

 

1,土のトラックで走る

何よりものメリットは怪我のリスクが少ないことです。そして、タータントラックとの違いは、地面のグリップが弱いため、接地位置を間違えると速く走る事ができません。つまり、タータントラックではゴムの地面の力に頼って誤魔化すことができたものが、土のトラックではそれは通用しません。土のトラックで速く走る方が難しく、それが神経系を鍛えることに繋がります。

 

2,芝生の上を走る

前述の土のトラックと似たメリットがあります。そして、土以上に地面からの反発がなく、しかも滑りやすいのが芝生です。ですので、接地を意識してしっかり地面を捉えたり、脚が流れないように走るための練習になります。さらに、裸足になって走ると、足裏のつぼなどに刺激を与えることもできます。芝生の上を裸足で歩くのは気持ちが良いですし、足裏の感覚を鍛えることにも繋がります。

 

3,砂浜を走る

地面の状況が常に変わります。そのため、地面の状況によって足の置き方などを考える必要があります。そして、とにかく走りにくい。地面を蹴るタイミングや脚を引き上げるタイミングを間違えると、全く進みません。その中で工夫して速く走れる方法を模索することに意味があります。脚の引き上げを意識したい人には特にお勧めの練習場所です。

 

4,山を走る

山には成長のためのヒントがたくさんあります。地面の状況が常に変わります。そして行きは登りですが、帰りは下りになります。地面にどのような力を加えれば速く登れるのか、帰りはどのように下れば、安定して下れるのか、など考えるべきことがたくさん出てきます。心肺機能も高まりますし、気分転換にもなります、野山を駆け回ることが減っている時代だからこそ、小学生時代にはたくさんチャレンジでして、経験してもらいたいと思います。

 

練習場所によって得られる能力は様々な違います。だからこそ、一つの場所に固執することなく、様々な経験をして欲しいと思います。小学生時代に身につけた多様な動きが、中学、高校へと繋がっていきます。ぜひ、いろんな場所で練習してみてください。

 

理想的な「走り方」指導もトータルスポーツにお任せください! 

今回は、「練習場所」について解説させていただきました。

当記事では、「小学生向けにお勧めしたい練習場所」についてご紹介させていただきましたが、これ以外にもお伝えしたいトレーニング方法などはたくさんあります。

一人では意識してトレーニングすることが難しいお子様もおられると思いますので、基礎動作を徹底指導した上で、正しいトレーニング方法の定着を図ります。

 

トータルスポーツでは、現役の陸上選手より丁寧に指導を受けることができます。

ご不明点・ご質問・ご興味をお持ちの方は、お手数ですがご連絡いただけますと幸いです。

 

出張エリアのご案内

下記の地域への出張レッスンを行っております。      東京(世田谷区、杉並区、三鷹市、武蔵野市、練馬区、渋谷区、目黒区、大田区、中央区、江東区、江戸川区、八王子市、葛飾区、足立区、墨田区、台東区、荒川区、千代田区、文京区、北区、豊島区、新宿区、板橋区、港区、品川区、中野区、調布市、狛江市、稲城市、府中市、多摩市、町田市、日野市、小金井市、西東京市、国立市、国分寺市、小平市、立川市、昭島市、東大和市、東久留米市、東村山市、清瀬市、武蔵村山市、福生市、羽村市 と神奈川県横浜市、東京寄り神奈川県、千葉県、埼玉県)など幅広い場所までお伺いすることが可能です!また、企業様向けイベントレッスンや小学校、中学校、保育園などにもお伺いできます!出張レッスンはお客様のご希望の日時場所にお伺いします!かけっこ以外も、本格的な陸上競技、マラソン、体操、水泳、野球、サッカー、ラグビーバスケットボール、バレーボールなど様々なスポーツの指導も行っております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください!よろしくお願いいたします。

ご覧いただきありがとうございました!

DELIVERY
出張エリアのご案内

下記の地域への出張レッスンを行っております。      
東京(世田谷区、杉並区、三鷹市、武蔵野市、練馬区、渋谷区、目黒区、大田区、中央区、江東区、江戸川区、八王子市、葛飾区、足立区、墨田区、台東区、荒川区、千代田区、文京区、北区、豊島区、新宿区、板橋区、港区、品川区、中野区、調布市、狛江市、稲城市、府中市、多摩市、町田市、日野市、小金井市、西東京市、国立市、国分寺市、小平市、立川市、昭島市、東大和市、東久留米市、東村山市、清瀬市、武蔵村山市、福生市、羽村市 と神奈川県横浜市、東京寄り神奈川県、千葉県、埼玉県)

CONTACT
ご予約・お問い合わせ

   

単発かけっこ教室、来場個別レッスン、
出張レッスンをご希望の方や各種レッスンのご予約、お問い合わせはこちら